2017年12月18日

〜せせらぎの郷・海老津〜 金毘羅山(こんぴらさん)(20171216)

おはようございます。
住まいる 営業の曽宮です。

今年も残すところあと15日となりました。
毎年『今年こそは年賀状を早く作って、12/25位には出すぞexclamation』と気合だけは入るのですが、毎年年末年始の休みに入って、年末ギリギリにしかできていません。

年末年始の休暇を有効に使うために今年こそはexclamation×2


さて、〜せせらぎの郷・海老津〜魅力発見ブログも第8弾となります。
Googleで『せせらぎの郷 海老津 ブログ』で検索しても上位には出てきませんふらふら(当然ですが・・・)
お役に立ちそうな情報を地道にアップしていこうと思いまするんるん


何度かこのブログで写真を掲載した【せせらぎの郷・海老津】の南側にある【金毘羅山】を取り上げます。

高さ140m程度の山です。
頂上には神社があります。

海老津駅南側の整備されたエリアから入る遊歩道と、分譲地からほど近い鳥居をくぐって階段を一気に登る二つのルートがあります。

DSC_1179.JPG

DSC_1218.JPG

海老津駅の裏手から登る方が自然の遊歩道を通り、自然と風景を楽しみながらの登山ができます。

DSC_1182.JPG
遊歩道入口

DSC_1181.JPG
トイレも完備トイレ

DSC_1184.JPG
桜の木がたくさん植えられており、花見の時期には素晴らしい景色が広がります。

『桜の小径』『四季の小径』『四季の森』『探索の森』『思索の森』などの案内標識が立ち、様々なルートや景色を楽しめます。

頂上までの途中には、眺望スポットが2ヵ所あります。
ベンチが多い第一の眺望スポット。

DSC_1187.JPG
自分の家がどれだろう?と眺めることができるくらい街並みと近い感じがします。

眺望が良いのはやっぱり高い方の第二の眺望スポット。

DSC_1192.JPG

動画でどうぞexclamation


眺望エリアを先に進むと、坂道と階段の二つの参道があります。
DSC_1189.JPG
鍛えたい方は階段へどうぞくつ

頂上の神社までは遊歩道の入口から15分もあれば到着しますひらめき
DSC_1199.JPG

鳥居の額をよくよく見ると『金毘羅神社』ではなく『金刀比羅神社』になっています。
DSC_1200.JPG

正式には【金刀比羅宮(ことひらぐう)】、通称【金毘羅(こんぴら)さん】、山は【金毘羅山(こんぴらさん)】、何故か【白峯(しろみね)神社】とも呼ばれていたり?

全国の【金刀比羅神社】の総本宮は香川県にあり、『大物主神(おおものぬし)』を祭っています。
古来から「海の神様」として漁業、航海など海上の安全を守ってくれる神としての信仰があります。

DSC_1201.JPG
眺望スポットから見えた響灘での漁業の守り神ということでしょうか。

地域の有志の方だと思いますが、ところどころに掃除道具があり、綺麗に整備されていました。

DSC_1202.JPG
木々からの木漏れ日の中、自然からエネルギーをもらえる『パワースポット』でもあると思います。

参道の階段(171段)
DSC_1205.JPG

鳥居からのルートの階段(186段)
DSC_1206.JPG

両方とも急な階段なので、下りには十分ご注ください足


住まいるコーディネート担当の田中のお子さんはトレーニングでこの坂を登っていたとかふらふら
DSC_1210.JPG

確かに『根性で駆け上がれ〜exclamation×2』とか『罰ゲームむかっ(怒り)』にはもってこい!の良い感じの階段ですわーい(嬉しい顔)

是非、春の桜のキレイな風景もアップしたいと思いまするんるん
posted by smile-somy at 11:48| Comment(0) | 日記

〜せせらぎの郷・海老津〜 三里松原(20171212)

こんにちは。
住まいる 営業の曽宮です。

今シーズン最強の寒波雪が襲来でしているそうです。
確かにこれまでとはちょっと違う寒さを感じます。
体調を崩さないよう、運転中の路面の凍結などにも注意しようと思います。


そんな寒い中、今朝は【せせらぎの郷・海老津】モデル棟の建築に際して、現地調査を行ってきました。
日が照ると何とか大丈夫ですが、曇ると寒さのあまり手が悴(かじか)んで大変でしたふらふら
外で仕事をしている職人さんたちは本当にご苦労様です。

先日のブログでも紹介した、【せせらぎの郷・海老津】の南側にある【金毘羅山(こんぴらさん)】に足を延ばしてみました。

澄んだ空気の中、『見晴らしの丘』から見る景色が最高でした。
DSC_1465.JPG

動画でどうぞexclamation


奥に波津(はつ)の海岸が見えますが、その手前に連なるのが【三里松原(さんりまつばら)】です。

『マンホールカード』ご存知ですか?
各地の観光名所やスポーツ、キャラクターなどが描かれ、密かにブームになっているそうです。
DSC_1466.JPG
今朝役場でもらってきました。(H29/12/9〜 岡垣町役場で2,000枚を無料配布中です)


マンホールカードにもなった【三里松原】は、自然豊かな岡垣町を代表する景勝地として『日本の白砂青松100選』にも選ばれています。

海水浴などのレジャースポット、サーファーにとっては良い波が来る波乗りのスポット、家族でサイクリングができる整備されたサイクリングロードがあり、『海がめもかえる町』の町のキャッチコピーにあるアカウミガメが産卵に帰ってくるスポットでもあります。

最近この【三里松原】が松食い虫や松葉の堆積で育成が妨げられ、危機に瀕していますがく〜(落胆した顔)

12/10(日)に行われた松葉かきのボランティアに出掛けてきました。
DSC_1442.JPG

主催者の挨拶で、
『【三里松原】のお陰で、響灘からの強い潮風から地域の農作物が守られている。』
景勝地というだけでなく、地域の農作物をいただいている私たちは知らず知らずのうちにこの恩恵を受けているということに気付かされました。

松の根本の松葉やコケを除去し、松の育成にとって良い環境を作るための活動です。
DSC_1445.JPG

1時間半ほどの作業でしたが、参加者も多く、綺麗になりました。
DSC_1447.JPG

機会があれば、また参加しようと思います。

松の育成と保全には、先人が大変な苦労をして守ってきたと伝えられています。
自分たちが恩恵を受けるだけでなく、先人が苦労して守ってきた財産を将来につないでいくことの大切さを考えさせられました。
posted by smile-somy at 11:47| Comment(0) | 日記

〜せせらぎの郷・海老津〜 分譲地造成工事完了!(20171207)

こんにちは。
営業の曽宮です。

一昨日、このブログのネタ取材のため、自宅から歩いて登山をしてきました。
登るのは何の問題もありませんでしたが、下山の途中から膝に痛みがふらふら

【下山時の膝の痛み】でGoogle検索すると、多くの方がこの症状で苦しむらしく、下山時の歩き方にもコツがあることを知りました。

登山のネタは改めてアップしますので乞うご期待!


【せせらぎの郷・海老津】も道路のアスファルト舗装が完了し、待ちに待った完成を迎えましたわーい(嬉しい顔)

あとは役所の検査などの手続きがありますが、分譲地全体がキレイに仕上がり、現地をご覧いただける状況になりました。
DSC_1406.JPG

お近くへお越しの際は、是非お立ち寄りください足


おまけ

海沿いの道を車で走っていたら、寒い中サーファーが波乗りをしていました。
海風が吹いて寒い中でしたが、澄んだ空が良い雰囲気です。
〜せせらぎの郷・海老津〜 駅までのルート その2(20171209)

おはようございます。
営業の曽宮です。

本格的に冷え込んできました。
知らないうちに初雪も降ったそうで雪

先日登った【城山(じょうやま)】の登山口で鮮やかな紅葉を撮影しました。
今年最後の紅葉でしょうね。


以前のブログで(駅までのルート その1)をご紹介しました。
http://smile-home.sblo.jp/article/181692217.html

今回は、最近整備された(駅までのルート その2)をご紹介しますexclamation


団地を出て、南側(線路側)へ向かいます。
DSC_1228.JPG

線路をくぐり、左に折れて一直線くつ
DSC_1223.JPG

駅の南側の住民の方の利便性向上を図り、整備された綺麗な道路です。
DSC_1214.JPG
歩道も完備で安全!

途中に【やっぱぁ〜岡垣】(生産者直売所)の移動販売のお知らせ看板がありました。
DSC_1219.JPG
今度行ってみます。

整備された海老津駅南側には、駐車場や駐輪場の他、トイレも設置されています。
DSC_1216.JPG

DSC_1294.JPG

線路の下をくぐる通路を通って駅の正面に向かいますくつ
DSC_1296.JPG

通路出口
DSC_1177.JPG

到着exclamation
DSC_1176.JPG


ルート1と同じ徒歩10分程度の距離ですが、右に金毘羅山(こんぴらさん)、左に線路と街並みを眺めながらの行程ですので、ルート1よりも駅までは近い気がします。
(要は、何もない・・・ふらふら

春は金毘羅山の桜を眺めながらの『お花見通勤・通学コース』になります。
DSC_1218.JPG
金毘羅山は散歩・散策コースとして、また足腰のトレーニングにも良いですよるんるん
その記事はまた改めて。
posted by smile-somy at 11:46| Comment(0) | 日記